inquiry

住所:Elisabethstr.9
41564 Kaarst-Büttgen
Germany アクセスはこちら

2017/18年のゲストの方々から・・・

ゲストハウスのスペースはゆったりしていて、のんびりと暮らすことが出来ました。
滞在中に二つの異なるタイプの部屋に入りましたが、1Fの部屋からは綺麗なお庭が直接見え、素敵でした。
もう一つの地下の部屋は他の部屋と離れている分、とても静かでそれぞれ気持ち良く過ごすことが
出来ました。

(2017年/夏秋/女性27歳・東京)


自分の部屋は1Fの部屋「ルームF」でしたが清潔で過ごしやすかったです。
初日のオリエンテーションでは細部の説明まで行き届いており、とても助かりました。
共有ルームでは各部屋の人たちとドイツ語の勉強や旅先でのことを話したり、
一緒にご飯を食べたりミニパーティーをしたりして、いつも楽しく過ごすことが出来ました。

(2017・18年/秋冬/男性26歳・京都)


1Fの「ルームD」は左右に全開するドイツ式の二重ガラスのドアで、
そのまま庭が見えて、季節の移りかわりを感じることが出来て、とても気に入りました。
キッチンが広くて使いやすかったです。部屋からバスルームが近いのも便利でした。

(2018年/冬春/女性30歳・青森)


地下の「ルームG」はサイズが丁度良く清潔感があり、とても住みやすかったです。
水泳をしているので、村営の25mプールがすぐ近くだったのも嬉しかったです。
ビュットゲンには、クラブハウスもあり毎週試合が行われる大きなサッカーグラウンドや
400mトラックもすぐ近くにあってスポーツ好きには最高の環境です。

(2018年/冬/男性22歳・山梨)

ゲストハウス「樫の木」での暮らしのいろいろ

入居時のオリエンテーション
デュッセルドルフ周辺マップ

  ・ドイツへ着いた初日、早速近所のスーパーに一緒に付いて来てもらえて、
   本当に助かりました。
  ・初回のオリエンテーションがとても分かり易く、
   自分の色々な質問にも全て丁寧に答えて下さり、安心出来る対応でした。
  ・最初からドイツの暮らしに関わる具体的な質問が出来たので、
   ホッとしました。
  ・住民票の登録の仕方も詳しく説明してもらえて、必要書類もすでに
   用意されていたので助かりました。

ドイツ語の勉強
「デュッセル生活スタート」コース

  ・オーナーのエファ先生のゲストハウス内でのプライベートレッスンは
   とても丁寧で楽しく、自分のドイツ語のスタートにはバッチリでした。
  ・「デュッセル生活スタート」コースは内容も面白く、その後ドイツで
   一人暮らしするのにもとても役に立ちました。
  ・海外生活初心者だったので、「デュッセル生活スタート」コースは
   役に立つことばかりで受講して良かったです。
  ・ゲストハウス付属のドイツ語学校以外にも、デュッセルドルフの色々な
   語学学校を紹介してもらえて、選択の幅が広がりました。

デュッセルドルフ・ビュットゲンでの生活&印象
ビュットゲンからの散歩道

  ・デュッセルドルフのライン河沿いの昔からの風景がとても気に入りました。
   前衛的なデザインの建物や美術館も沢山あり、日本人街での買い物も
   とても便利でした。
   (ワーホリでのアルバイト先が沢山ありました。助かりました。)
  ・ビュットゲンの街はコンパクトでとても住みやすく、安心感がありました。
   オーガニック農場も近くにあり、緑が本当に多くて、散歩をするのが
   楽しかったです。
  ・デュッセルドルフ市内の中心まで電車で20分強、ドイツ生活スタートに
   ぴったりの場所でした。他の国へ出掛けても「樫の木」に帰りたい!と
   思えるほど好きな場所になりました。

キッチンの使い心地

  ・1Fと2Fの各フロアに別々にキッチン・バスルームがあるのがとても
   良いと思いました。
  ・調理器具・タッパー・食器等が充実していて使いやすかったです。
  ・しっかりと自炊が出来るので生活費が抑えられました。
  ・ドイツ式の大きなオーブンがあってクッキーや冷凍ピザを焼いたりできて
   楽しかったです。

トイレ・バスルーム

  ・2Fのバスルームにはとても大きなバスタブがあって、冬場はお湯を
   ためられるのが嬉しかったです。
  ・運営サイドの毎週の清掃が行き届いていて、いつも綺麗で良かったです。
  ・入居時から各人のタオル・リネン類がスペアと一緒に用意されていて、
   とても助かりました。


2F共有ルームについて

  ・ドイツ&ヨーロッパの旅行ガイド・語学の本・ドイツのレシピ本があり、
   よく利用させてもらいました。
  ・午後1人で本を読んだり、ドイツ語を勉強したりしていました。
  ・みんなで食事をしたり、旅行の話をしたり、コミュニケーション・
   情報交換の場としてとても良かったです。
  ・アップルTVが置いてあり、日本語やドイツ語のYouTubeが大きな画面で
   見れたのが嬉しかったです。

ゲストハウスの備品・インテリアについて

  ・部屋の家具が充実していて、部屋の内装には木のフローリングなど
   自然素材が多く使われていて、居心地が良かったです。
  ・地下の洗濯室だけでなく、部屋の中にも個人用の洗濯物干しや姿見が
   あって便利でした。
  ・キッチンペーパーや洗剤、トイレットペーパーなどは、常に運営サイドから
   補充されていたので助かりました。
  ・無料貸し出しの自転車が2台あって買い物や散歩によく利用しました。

ドイツでの食事や生活はどうでしたか?

  ・自分の好きなものばかりで最高でした!
  ・パンが美味しすぎてお米が食べたいと一度も思わなかったです。
  ・食材は多いし、BIOは多いし、乳製品も安いし美味しいしで帰国したら
   この食生活が出来なくなるのがすごく寂しいです。
  ・一番の発見はNettoブランドのビールSchlossが29ユーロぐらいで普通に
   美味しかったこと。ドイツってやっぱりビール最強ですね!
  ・BIOの乳製品が美味しくてびっくりしました。
   (近くに素敵なオーガニック農場がありますよ!)